• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2017年10月16日

共同通信PRワイヤー

名古屋駅で養老の滝 体感イベントを開催!
 
そのPRの一環として、10月16日~22日にJR名古屋駅中央コンコースのデジタルサイネージ、及びフラッグ広告を展開。また、10月21日、22日には、名古屋駅イベントスペースにて、養老の滝を再現した体験ブースや、本祭で鈴木ちなみさんが着用する元正天皇衣装、本町の名産品であるひょうたんの展示イベントを実施いたします。
 
2017年10月15日

excite.ニュース

人工知能(AI)接客・窓口システム「KIZUNA(絆)」のデジタルサイネージ版を試験導入いたします
 
ティファナ・ドットコムは、2017年11月11日(土)・12日(日)に開催される日本点字図書館オープンオフィスにて、人工知能(AI)接客・窓口システム「KIZUNA(絆)」のデジタルサイネージ版を試験導入いたします。
 
2017年10月15日

Forbes JAPAN

集客から味覚分析まで、飲食店を支援するAIテクノロジー
 
AIを使って集客を効率的に達成しようという試みには、IT企業・バカンが手掛けるプロジェクトもある。同社は相鉄アーバンクリエイツ、高島屋と組み、複数の飲食店の空き状況が一覧できるデジタルサイネージ(電子看板)を商業施設内に設置。顧客の満足度を計る実証実験をはじめており、今後、段階的に実用化していくとしている。
 
2017年10月13日

エキサイトニュース

成田に次世代双方向型デジタルサイネージ"infotouch"導入--情報を指で取得
 
成田空港では10月20日より、次世代双方向型デジタルサイネージ「infotouch」を設置する。9言語に対応し、フライトやショップ・レストラン・施設、交通アクセス情報の提供のほか、高精度屋内デジタルマップによる館内ナビゲーション、搭乗券スキャン機能などのサービスを展開する。
 
2017年10月13日

BIGLOBEニュース

羽田空港、顔認証で帰国手続きも 3台先行導入、18日から運用
 
法務省は、出入国審査の際に、顔認証技術を活用して本人確認する自動化ゲートを羽田空港に3台先行導入し、13日に報道陣に公開した。18日から同空港の日本人の帰国手続きで運用を始める。法務省は2018年度中に、利用者の多い成田、中部、関西、福岡の4空港にも導入し、出国手続きにも運用を拡大する方針。 
 
2017年10月13日

日刊工業新聞 電子版

モノづくり市場白書(7)デジタルサイネージ
 
小型から大型サイズの各種ディスプレーなどを使って広告などの映像を表示するデジタルサイネージ(電子看板)。ディスプレーや配信システムの低価格化により、駅や銀行、病院、店舗など幅広い用途で需要が増えている。
 
2017年10月13日

MarkeZine

デジタル変革による「顧客体験の価値向上」が未来のビジネスを作る SAP Hybris Dayレポート
 
SAPジャパンは、2017年9月7日(木)に東京・Nagatacho GRIDにて、「SAP Hybris Day 2017 Beyond CRM ~ 個とオムニチャネル、マーケティングとコマースを考える ~」を開催した。本記事では、パラディウム ホテル グループやB2B企業の事例、三陽商会のセッションレポートをお届けする。
 
2017年10月13日

トラベル Watch

東急大井町線、11月4日から急行を6両から7両編成に順次変更、2018年春に新型車両6020系を導入 2018年3月のダイヤ改正で朝の急行を増発
 
2018年春に導入する新型車両6020系は、田園都市線の新型車両「2020系」と同様、 車内にパナソニックの「nanoe(ナノイー)」方式の空気清浄機を設置、座席は背もたれの高いハイバック仕様を採用し、車内の快適性向上を図る。ドア上に配置するデジタルサイネージは、多言語案内を強化し、ニュースや天気予報などの情報サービスを提供する。
 
2017年10月13日

共同通信PRワイヤー

顧客とのコミュニケーションを高めるには? スーパーマーケット経営者やメーカーが討議
 
第2部では、スーパーマーケット経営者やPOSレジメーカー、エネルギー、情報通信、マーケティング分野などの約20社により、お客様のコミュニケーションを高めるツールとして注目の、デジタルサイネージやスマートフォンアプリの導入などについてディスカッションを行いました。
 
2017年10月13日

TechCrunch Japan

離れた場所にある物件をVRで内見、ナーブが4.6億円調達
 
VR内見を導入することで、店舗には専用ゴーグルの「CREWL」が設置される。このゴーグルは同社の自社開発製品で、VRゴーグルとして利用していないときには店頭デジタルサイネージとしても機能する。
 
2017年10月13日

化学工業日報

台湾ITRI 次世代パネルに力 マイクロLED量産へ
 
台湾工業技術研究院(ITRI)は有機EL(エレクトロルミネッセンス)と並ぶ次世代フラットパネルディスプレイ(FPD)の一つ、マイクロLED(発光ダイオード)ディスプレイの量産を企業と連携して来年にも始める。デジタルサイネージ(電子看板)向けを皮切りに、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)用中小型向けも数年後の量産を目指す。
 
2017年10月12日

THE BRIDGE

北の国からスタートアップの勃興を目指す「No Maps(ノーマップス)」が札幌市内で開幕――自動運転からAIまで世界を目指す技術が勢ぞろい
 
札幌市長の秋元克広氏が各社のブースを訪問、身体の動きにあわせて表示内容が変化するインタラクティブ・デジタルサイネージ「Circle of life ~太陽のダンス~」、スポーツスクール事業者とスクール生・保護者のコミュニケーションのためのモバイルアプリ「スマホ de コーチ」、美術館向けの作品鑑賞 AR アプリ「みどころルーペ」などを体験していた。
 
2017年10月10日

産経ニュース

LEDビジョンやデジタルサイネージを体感・体験できるショールームを渋谷にオープン。10月13日(金)ショールーム見学デーを開催します。
 
「デジタルサイネージやLEDビジョンの導入を検討しているが、実物を見てみな

いと不安」「LEDビジョンと液晶ディスプレイの違いがわからない」「インチに

よってどれくらいサイズが違うのかイメージしづらい」そんなお客様の様々なお

悩みを解決するために、ショールームをオープンしました。
 
2017年10月09日

AdverTimes.

東京メトロのメディアを活用したクリエイティブアワード 
 
9つの路線を東京に巡らせ、1日の乗降客700万人以上という特徴を持つ東京メト

ロ。この交通メディアを活用したアワード「Metro Ad Creative Award」が、今

秋新設された。 
 
2017年10月06日

クラウド Watch

CTC、オープンイノベーションの専用スペース「DEJIMA」を開設
 
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)は、顧客との新規ビジネスアイデアの創出や各種ワークショップ、ミートアップなどを開催するオープンイノベーションのための専用スペース「DEJIMA(デジマ)」を、東京都品川区の東五反田スクエアに10月16日に開設する。DEJIMAでは、旭硝子株式会社(以下、AGC旭硝子)のホワイトボードとして利用可能なカラーガラス「ラコベルプリュム」を使用しており、年内にはガラス一体型デジタルサイネージ
「infoverre」を導入予定。
 
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 316 >>