• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2017年09月13日

Response.

高速道路からETCを解放する...ネットワーク型で多目的利用拡大の挑戦、中日本高速
 
駐車料金の決済は、従来のETCとETC2.0の両方で可能。従来のETCは発話機能がないため音声による案内はないが、実用化された場合はデジタルサイネージ(ディスプレイ)を設置するため、利用者すべてにわかりやすく案内される。
 
2017年09月13日

AV Watch

アイ・オー、HDMI/アナログキャプチャ「GV-HDREC」の新ファームで再生機能強化
 
リピート再生機能も追加。端末内の動画、静止画などをリピート再生するもので、1つのファイルを繰り返し再生するだけでなく、全ての動画ファイルを連続でリピート再生する事も可能。デジタルサイネージでも活用できるという。
 
2017年09月13日

PRwire

トレンダーズ、タテ型動画広告配信サービス「TATECO」を提供開始 女性のスマホ動画視聴傾向に最適化した、タテ型動画を配信
 
「MarTech Company」としてマーケティング×テクノロジーを軸とした事業展開を進めるトレンダーズ株式会社は、レコメンドエンジンサービスを軸とした事業展開を進めるpopIn株式会社の技術提供により、スマートフォンに特化したタテ型動画広告配信サービス「TATECO」をリリースいたしました。
 
2017年09月12日

CNet Japan

インストアメディア最新ソリューションセミナー開催
 
株式会社アイティフォーは「インストアメディア最新ソリューションセミナー」を2017年9月20日にアイティフォー本社セミナールームで開催します。当社インストアメディアソリューション「アローシリーズ」、すなわち、システム刷新した店舗BGM/CM配信サービス「アローサウンズ(Arrow Sounds)」、無線化を実現
した「アロースタッフコール(Arrow StaffCall)」、そしてクラウド型デジタルサイネージサービス「アロービジョン(Arrow Vision)」の3製品の最新状況を詳しくご紹介。
 
2017年09月12日

山陽新聞デジタル

STU藤原さん 市長選啓発CMに 岡山市選管 ポスターに続き第2弾
 
市長選告示日の17日から投票日の10月1日まで、イオンモール岡山(北区下石井)の店舗内外に計52カ所あるデジタルサイネージ(電子看板)で1日約700回放映するほか、岡山駅南地下道(同所)の電子看板で同約3800回、各区役所の待合にある行政情報モニターでそれぞれ同約70回流す予定。
 
2017年09月12日

スポーツイノベイターズオンライン

サイネージ効果実感、大分トリニータ「スタジアム改革」:スタジアムとアリーナが拓く未来
 
IT(情報技術)を導入してこれまでにないサービスを提供し、顧客体験の向上と収益増加を目指す。国内で「スタジアム・アリーナ改革」の機運が高まるなか、2017年9月2日に開催されたJリーグ・大分トリニータのホームゲームでデジタルサイネージを活用した実証実験が行われた。
 
2017年09月12日

化学工業日報

デジタルサイネージ市場が多様化 ARやVRの導入も
 
デジタルサイネージ市場が多様化している。2020年東京オリンピック開催を背景に観光やインバウンド関連で需要が高まっている。従来の電子看板方式にとどまらず、照明やプロジェクターとの併用、AR(拡張現実)およびVR(仮想現実)の導入が進んでいる。さらには電子看板を用いず、壁面やビル、空中をサイネージ代わりにする動きも出始めている。電機・照明・プロジェクター各社は新たな空間演出によって成長市場に攻勢をかけている。
 
2017年09月11日

週刊BCN+

ネットワンパートナーズ、大分のホームゲームでサイネージの実証実験
 
ネットワンパートナーズは9月8日、9月2日に開催されたJリーグ・大分トリニータのホームゲームで、スタジアム向けデジタルサイネージソリューション「Cisco Vision」を活用した、来場者の満足度向上とスポンサーの露出拡大に向けた実証実験を実施したと発表した。
 
2017年09月10日

ITpro

差異化が難しいサイネージ、一体化で拡販
 
国内外のメーカーがしのぎを削る中、NECはIT企業ならではのアプローチで拡販に取り組む。サイネージ単体でも、実物の色をディスプレイ上で忠実に再現するカラーマネジメントに力を入れたこともあり、色にこだわるアパレルや飲食店がサイネージを導入している。
 

2017年09月08日

cnet japan

約4100台のタクシーを動く基地局に--渋谷区でIoT見守りサービスを本格運用開始
 
今回、日本交通が運営する約4100台のタクシーの利用者向けタブレット「Tokyo Prime」(車両に搭載された10インチ高精細デジタル・サイネージで音声付き動画を放映するサービス)に、tepcotta携帯端末を検知する機能を組み込んだアプリを導入。公共施設や民間施設に設置する固定基地局に加え、首都圏を中心に稼働している約4100台のタクシーが動く基地局として機能することで、よりきめ細かい見守り網の構築をできるようになった。
 
2017年09月08日

WWD

“黄色から赤へ”「ベルシュカ」渋谷店がリニューアル、公式ネット通販も同時オープン
 
「ザラ(ZARA)」を擁するインディテックス傘下の「ベルシュカ(BERSHKA)」が9月15日、渋谷店をリニューアルオープンする。店内は“コンサート会場のバックステージ”をイメージし、ライトやスピーカーなどを設置。シーズンごとの模様替えを可能にする可動式什器や動画ビジュアルを流すためのデジタルサイネージの設置など、動きのある空間作りを目指す。
 
2017年09月08日

時事ドットコム

秋葉原地区のツクモ12号店に、フクロウ型のAI搭載ガイドロボット「ZUKKU(ズック)」を試験導入
 
ハタプロが開発するAI搭載ガイドロボット「ZUKKU(ズック)」は、その場の状況を理解し、サイネージなど他機器と連携し適切な情報配信をします。身長わずか10cm、IoT専用SIM内蔵で常時クラウドと接続し、持ち運べるようバッテリーも備えており、いつでもどこでもデータの取得分析改善が可能です。
 
2017年09月08日

マイナビニュース

大分トリニータのゲームで「Cisco Vision」を活用した顧客満足度向上の実験
 
「Cisco Vision」は、デジタルマーケティングの活用を通じた利益拡大と来場者満足度向上を目的としたデジタルサイネージ・ソリューション。配信先のディスプレイや配信映像を一元管理することが可能で、4Kビデオ/HDストリーミングといった高解像度映像をライブ配信できるので、会場内のライブ映像や広告コンテンツをターゲットに応じて柔軟に配信することができるという。
 
2017年09月07日

ITpro

鏡型デジタルサイネージ、博報堂とマイクロソフトが新たな広告手法
 
デジタルサイネージに設置したカメラで閲覧者の顔写真を撮影。画像データをインターネット経由で日本MSのクラウドサービス「Microsoft Azure」に送って解析し、閲覧者の属性や感情などを推定する。解析後は顔写真の画像データをすぐに破棄し、個人の顔を映した画像データが外部に流出するリスクを減らす。
 
2017年09月07日

静岡新聞アットエス

出店事業者「タリーズ」に決定 富士市の中央公園駐車場
 
店舗は駐車場南西部分に建設され、敷地面積は約400平方メートル。店内に60席、テラスに24席用意され、コーヒーやケーキ、サンドイッチなどを販売。提出された事業計画によると、内装には地元の富士ヒノキを活用するほか、周辺観光地や物産をPRするデジタルサイネージの設置なども提案しているという。
 
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 316 >>