• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2017年08月25日

時事ドットコム

デジタルサイネージソフトウェア「e-Signage S」シリーズを発売
 
シャープは、デジタルサイネージに配信するコンテンツのレイアウトや表示順序の設定、配信スケジュールの策定、日々の運用までを、直感的な操作で簡単に行えるデジタルサイネージソフトウェアの新シリーズ「e-Signage S」を発売します。

「e-Signage
S」は、静止画や動画などの素材をドラッグ&ドロップするなど、直感的な操作でデジタルサイネージの表示画面の作成やレイアウトの変更が行えます。テロップや、天気予報、Twitterのつぶやきをリアルタイムに表示するなど、より豊かな演出が図れます。
 
2017年08月25日

エキサイトニュース

【速報】日本HP、高レベルセキュリティ機能も搭載したPOSシステム「HP ElitePOS」を発表
 
「HP
ElitePOS」は従来の小売業界で使用されている大型の箱型POS端末と違い、タブレットを使ったモジュラー型を採用。支払い用途だけではなく、対話型のデジタルサイネージや、店頭外の商品購入も可能。ディスプレイの操作部とシステム、周辺機器との接続を分離し、様々な場所に設置が可能となる。
 
2017年08月24日

PHILE WEB

ニコン、裏面照射型FXサイズCMOS搭載の「D850」。8K超タイムラプス撮影にも対応
 
D850では、同社のデジタル一眼レフカメラで初となる、新開発の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載。レンズは光学ローパスフィルターレス仕様を採用し、高画質を維持したまま画像を引き延ばすことも可能で、最大A2のサイズのプリントや8Kのデジタルサイネージなどに使用できるとしている。ファインダーには同社のデジタル一眼カメラで最大となる倍率約0.75倍の光学ファインダーを装備。
 
2017年08月24日

時事ドットコム

今年9月オープン、ジーユー史上最大の売場面積を誇る「ジーユー横浜港北ノースポート・モール店」
 
テクノジーユー史上最大の品揃えと売場面積を誇る同店は、RFIDなどのデジタル技術を活用し、ご入店、お買い物、お会計までの一連の流れをより楽しく便利にするデジタルサービス「オシャレナビ・カート」と「オシャレナビ・ミラー」を、初めて導入します。店頭のデジタルサイネージに、トレンドのスタイリングや一般の方の着こなし、店舗の人気アイテムランキングなど、お買い物がさらに楽しくなる情報が表示されます。
 
2017年08月22日

週刊BCN+

アイティフォー、紀ノ国屋からデジタルサイネージ「アロービジョン」を受注
 
同店では、大型モニタ2台を店頭に設置し、アロービジョンを活用して、おすすめのパン、弁当、寿司、野菜、酒などを紹介する動画配信を開始。すでに導入済みの店舗BGM「アローサウンズ」による店内CM放送との相乗効果もあり、オープン後、売上目標を達成している。

紀ノ国屋では、西荻窪駅店でデジタルサイネージが高い販促効果を達成していることから、8月30日に東京駅の地下の新たな商業空間・グランスタ丸の内に新規オープンする「キノクニヤ アントレ」にもアロービジョンの導入を決定している。
 
2017年08月22日

SankeiBiz(サンケイビズ)

季節・天気で画像が変化するコンテンツ配信サービス登場 URL設定だけでデジタルサイネージに様々な情報を簡単表示!
 
株式会社ニッポンダイナミックシステムズは、デジタルサイネージ向けコンテンツ配信サービス『ez-コンテンツ』に新たに、季節によって背景画像が変わるニュースや、天気・気温に応じてデザインが変化するコンテンツの提供を開始しました。

デジタルサイネージは導入が面倒・手間がかかるなどのイメージがありますが、ez-コンテンツならURLアドレスを設定するだけで、カンタンにニュースや天気予報を表示できるようになります。
 
2017年08月22日

週刊アスキー

売れる商品をAIで教えてくれる!かわいいフクロウ型ロボ
 
ロボット事業を展開するハタプロ・ロボティクスの「ZUKKU(ズック)」は、安価で手軽に導入できる手のひらサイズのIoTマーケティング支援ロボットだ。専用のクラウド型AIマーケティングシステムや、後付け可能なインタラクティブサイネージ機能により、ZUKKUの画像認識センサーが顧客属性をリアルタイムで集計分析。取得したマーケティングデータを可視化し、適切な商品提案を可能とする。
 
2017年08月22日

大学プレスセンター

帝京大学がスマートフォン用アプリ「スマリサ」とビーコン(電波発信機器)を活用したオープンキャンパスイベントを実施
 
帝京大学八王子キャンパスでは、オープンキャンパスでスマートフォン用アプリ「スマリサ」(ジャパンマテリアル(株)と(株)夢現舎の共同開発)とビーコン(Bluetoothを使った電波発信機器)を活用したイベントを実施した。

ビーコンとインターネット&クラウドを使い、スマートフォンを電子看板(デジタルサイネージ)化することをコンセプトに、世界No.1市場デジタルサイネージプレーヤーBrightSignとの連動も可能な、インバウンド(訪日外国人)対応のIoT(インダストリー4.0)ソリューション。
 
2017年08月21日

MarkeZine(マーケジン)

全日空商事ら、情報の多言語対応などで地方創成をサポートするインバウンドプロジェクトをスタート
 
全日空商事とエスキュービズムは、地方創生に向けたインバウンドプロジェクトを2017年9月よりスタートする。同プロジェクトは、訪日外国人へ向けた海外集客・送客と、地域情報コンテンツの多言語対応による街の情報インフラ構築をセットで提供するというもの。地域の史跡や名勝、店舗名などの情報を多言語化し、その内容を街のポータルサイトや街案内のデジタルサイネージなどに活用することができる。
 
2017年08月21日

時事ドットコム

LandSkip、成田空港に「風景」を配信
 
風景配信サービス「LandSkip(ランドスキップ)」を運営する株式会社ランドスキップは、成田空港第1ターミナル到着階 Visitor
Service Center(ビジター・サービスセンター)にて、4K風景動画「バーチャル・ウィンドウ for
サイネージ」の配信を開始いたしました。日本の四季から動く浮世絵まで、2,000本以上の4K動画から毎日新しい景色を配信。公共空間での空間演出やサイネージ活用に最適なコンテンツをお届けします。
 
2017年08月18日

エキサイトニュース

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.29 システムとコンテンツの両方が新しいマロニエゲート銀座の10Kサイネージ
 
マロニエゲート銀座で見つけた花時計型サイネージ商業施設でのデジタルサイネージは、販売促進と館内案内などのインフォメーション提供として使われることが多い。また、もう一つの利用目的とし、空間演出のために使われることも多い。3月にオープンした「マロニエゲート銀座2」には、ユニークなディスプレイ配置をした事例があるので紹介してみたい。
 
2017年08月18日

SankeiBiz

中部電が「電子ペーパー」実験 電柱の超薄型ディスプレーで地域情報など発信
 
中部電力は、電柱に超薄型ディスプレー「電子ペーパー」を取り付け、行政情報などを配信する実証実験を10月から愛知県豊田市で始める。公共の場にある電柱を、災害時の避難誘導といった地域密着の情報をタイムリーに伝える媒体にする。
 
2017年08月17日

SankeiBiz

セイコーミュージアムに日英二ヶ国語の音声ガイダンスを導入
 
「スマリサ」は、東京近郊を中心に全国の文化・観光施設などが加盟しているスマートフォンとデジタルサイネージの連動を可能にするサービスです。セイコーミュージアム内で音声ガイダンスが聞けるように、加盟施設に行くと自動的にその施設のコンテンツが紹介されるとても便利なアプリです。
 
2017年08月16日

電通報

今、そこにいる人に寄り添える デジタルサイネージ進化論
 
デジタルテクノロジーの進化により、OOH(屋外広告・交通広告)も変革の時を迎えようとしています。この連載では電通アウト・オブ・ホーム・メディア局(OOH局)のメンバーが、主にデジタルサイネージを中心とした屋外広告・交通広告の進化と可能性をお伝えします。
 
2017年08月12日

AviationWire

成田空港、連絡バスの運行状況示す多言語デジタルサイネージ
 
デジタルサイネージには、連絡バス到着までの時間や乗車時間、系統図などを表示。日本語と英語、中国語簡体字、韓国語に対応しており、8月9日から運用を始めた。
 
<< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 316 >>