コンソーシアムのミッション

1 DSCミッション/目標

ミッション

  • デジタルサイネージ産業が直面する課題の解決と新市場の創出
  • 生活シーンにおけるサイネージ経験価値の向上

目標

  • 2015年に1兆円規模の産業とします。
  • ハードウェア/広告・販促/通信キャリア/コンテンツ分野各2000億、
    システム関連分野1000億広告費シェア15%

  • 日本を世界一のサイネージ大国とします。
  • 市場規模、ディスプレイ数、サイネージ時間量、技術力、コンテンツ力、扱い広告・販促売上等の面で、
    世界一の水準を目指します。2015年まで、全ての車両、駅、空港、商業施設、商店街、郵便局/ポスト、
    公衆電話をネットワークでつなぎサイネージ化します。

2 課題と解決方法

課題

  • コンテンツ配信の統一ルールの不在
  • 広告指標の不確定性
  • 利用方法および効果的なコンテンツの検証不足
  • 小規模広告主導入のためのスキーム不足
  • デジタルサイネージの法的性質の曖昧さ
  • 産業・利用に関する統計・データの不足

解決方法

  • 配信ガイドライン/効果測定と広告指標の策定
  • 技術開発(端末の開発、表現方法の研究等)
  • 新しいコンテンツ表現形態の研究と実証実験
  • 一般店舗用の簡易サイネージシステムの標準化
  • デジタルサイネージの法的性質の曖昧さ
  • 著作権処理ルール、倫理規定、個人情報保護ルールの策定

3 展開モデル

  • ユビキタス特区
  • 電車内、駅中/駅周辺
  • 商業施設・商店街
  • 公共施設(学校・病院・役所)
  • トイレ
  • スタジアム、ライブハウス
  • オリンピック、ワールドカップなど世界的イベント
  • 自動販売機、郵便局/ポスト、公衆電話
  • オフィスビル
  • ケータイとの連動

4 未来像

デジタルサイネージにより、人々の集まるところが新しいメディアとなります。人々の生活に豊かな経験をもたらします。
ディスプレイもしくはそれに代替する媒体が都市の新たなインターフェイスを提示し、
それを通じて人々は都市を新たな視点から切り取り、経験することが可能になります。
縦横無尽にインフラ、技術、コンテンツを駆使できる「サイネージャー世代」向けの技術を、
関連機関・大学と連携して研究開発を進めます。

  • 表現技術(ソフトウェア)
  • 個人の嗜好や気分にあわせた情報表示
    五感に訴える楽しく臨場感のある情報表示

    • 高精細
    • インタラクティブ技術
    • エンターテイメント技術
    • 立体的映像(視覚)
    • 触覚技術
    • 聴覚技術
    • 臭覚技術
    • 味覚技術
  • デバイス技術(ハードウェア)
  • 個人の嗜好と場所にあわせた表示端末
    アート性、エンターテイメント性のある美しい表示端末

    • ディスプレイ
    • モバイル
    • モノ(家電、家具、トイレ・・・・)
    • 環境(壁、乗り物、地面、噴水・・・)