サーティフィケーション部会

  1. 目的
    1. デジタルサイネージの今後の発展のためには、ICT技術の進化を鑑み、それらを使いこなす人材の育成をも両輪で進めていかなければなりません。 デジタルサイネージを含む情報デザインを広く学ぶことのできるカリキュラムや資格認定のための検定制度の策定ほか、資格取得者の人材プールを作り、案件の紹介・就職斡旋などの仕組み作りを行うことことにより、デジタルサイネージ業界の発展に寄与することを目的とします。
  2. 現在の活動内容
    1. ロケーションに紐づくメディアとして、Web技術を積極的に活用し、他のメディアと有機的に連動して情報提供するデジタルサイネージの「メディアデザイン」に関して、
      ・デジタルサイネージのユーザーである一般への啓発を目的とした学習プログラムの提供
      ・専門知識とスキルを持った専門家の育成、認定、職域拡大を目的とした
        1. 学習プログラムの提供
        2. 検定プログラムの提供
        3. 資格認定の実施
        4. 資格保有者の紹介・斡旋
      を順次実施します。
  3. これまでの活動内容とその成果
    1. これからスタートです。
  4. 今後のvision、ゴールイメージ
    1. 当面は、来年6月のDSJで発表できるよう、上記の学習プログラム作りを実施します。
  5. 活動頻度
    1. 基本的に、月1回の部会と、具体的作業を分担した上で、スケジュールに応じた業務の進行を行います。
  6. 参加企業様(12社) ※五十音順
    1. 株式会社インセクト・マイクロエージェンシー
    2. 株式会社 アメイジングポケット
    3. 株式会社QOLP
    4. 株式会社マイクロアドデジタルサイネージ
    5. シャープ株式会社
    6. 東芝映像ソリューション株式会社
    7. 株式会社ナノオプト・メディア
    8. 日本電信電話株式会社
    9. 株式会社ニューフォリア
    10. 株式会社ネクスウェイ
    11. ヤマトホールコンビニエンス株式会社
    12. 学校法人電子学園 日本電子専門学校